十枚目優勝者

 関取格として、江戸時代は給金が十両だったので、通称“十両”と言われる、幕下二段目の上位十枚目までの力士たち。この地位の力士は「十枚目」と呼ばれ、現在でも正式名称となっている。明治21年1月より、ほかの幕下力士よりいくぶん太字で書かれるようになり、22年5月より、一人ひとりに「前頭」と記されるようになった。
 本表では明治21年1月以降の十枚目の最高成績者を記す。ただし、昭和2年5月までは上位と下位の出場日数はまちまちであり、また、十両優勝の協会表彰がいつから始まったのか定かはでない。

明治21・1〜大正9・5 大正10・1〜昭和22・6 昭和22・11〜昭和37・11 昭和38・1〜昭和48・11
昭和49・1〜昭和59・11 昭和60・1〜平成7・11 平成8・1〜平成18・11 平成19・1〜
順位表      
制作・著作:紅葉橋律乃介(momijibasi@yahoo.co.jp) 優勝入口へ 銀河大角力協会へ行く

平成十八年九月一日分割
平成十六年十一月十四日作成

inserted by FC2 system