古今大角力最高成績者鑑

・はじめに
 本表は『古今大角力最高成績者鑑』と銘打ち、江戸勧進相撲で縦1枚番附が発行された宝暦7年以降の、現在で言うところの「優勝」(または「優勝同点」)と呼べる力士たちを集めたものである。まずは紙媒体で平成11年3月14日付で初版を発行。『日本相撲史』を読む機会を得たので、13年2月9日付で改訂新版を発行(14年4月1日付5版で絶版)。今般『大相撲人物大事典』等の新資料を加味し、新訂版の暫定公開に至った(旧版には集計表等があったが、今回は省いている)。
 “優勝制度”は、大正15年1月場所より東京角力協会が「天皇(当初は摂政宮)賜盃」の授与を開始したのが“正式な”初めである。それ以前の明治42(1909)年6月場所より、時事新報社が幕内の最高成績者に「優勝掲額」を開始しており、実質的には「個人優勝」と言う捉え方は、ここが始まりとなる(現在はこれらの掲額者も「優勝者」として追認されている)。
 本表は、これらの「個人優勝」という考え方を、縦1枚番附が発行されるようになった宝暦7年以降にもさらにさかのぼって適用したものである。
 江戸・東京相撲の表に準じた形で、大阪・京都や十両優勝の表も作ってみた。大阪・京都は不明点が多く、ここで公開することによって、これらより詳しい情報が得られることを期待したい。

 このたび、明治42年6月以降の「優勝力士」を集めた一覧表を作成した(「幕内最高優勝力士一覧」)。
 明治42年1月までは個人を表彰する制度がないため、だれが「優勝(相当)」であるか議論の分かれるところであったが、両国国技館開館以降は優勝掲額や優勝賜盃を授与することで個人表彰が定着した。それらの記録をまとめてみた。

幕内最高優勝力士一覧 ・明治42年6月以降の優勝掲額、優勝賜盃授与力士の一覧
凡例 ・優勝相当力士一覧の見方
江戸・東京相撲
三賞・雷電賞(相当)
(十枚目優勝)
(各段優勝)
・宝暦7年以降の江戸・東京相撲の優勝相当(最高成績者)力士・同点者
・殊勲賞、敢闘賞、技能賞と雷電賞(相当)受賞力士
・明治21年以降の十枚目優勝相当力士・同点者
・昭和9年5月以降の十枚目以下各段優勝力士・同点者
大阪相撲
(廣角組)
・明治〜大正の大阪相撲の優勝相当力士
・大阪相撲から分裂した廣角組の優勝相当力士
京都相撲 ・明治期に存在した京都相撲の優勝相当力士
関西相撲 ・脱退した力士たちの「大日本関西角力協会」の優勝力士

・出典(順不同)
「『ゴング格闘技』増刊'93年版 大相撲観戦ガイド」
「平成十年版」 大相撲力士名鑑
「大相撲なんでも七傑事典」
「相撲百年の歴史」
「激動の昭和スポーツ史」相撲 上・下
「近世日本相撲史」第一巻〜第五巻
「全幕内力士個人別大相撲星取大鑑」昭和編 第一巻
「古今大相撲力士事典」
「大相撲ものしり帖」
「日本相撲史」上・中
「明治時代の大相撲」
「戦後新入幕力士物語」第五巻
「大相撲人物大事典」
雑誌「相撲」各号 連載(すもう問答)(年寄名跡の代々)(大阪相撲入門)
雑誌「大相撲」各号
雑誌「『別冊グラフNHK』大相撲特集」各号
WEBサイト「相撲評論家之頁
WEBサイト「大相撲星取表

制作・著作:紅葉橋律乃介(momijibasi@yahoo.co.jp) 銀河大角力協会へ行く

平成三十年十一月三日 N42以降の優勝新設、リンク先修正
平成二十一年六月二日 各段優勝新設
平成十八年九月一日東京を分割、三賞を新設
平成十六年十一月十四日作成

inserted by FC2 system