「年寄名跡證書」の内容について

 年寄名跡には「年寄名跡證書」と呼ばれる、むかしの株券のような書面が存在するが、取得者個人が所有していた。今般公益財団法人申請に当たり、相撲協会が所有する方向で話が進んでいるという。
 では、実際に「證書」はどのような体裁なのか。とある名跡の内容を一例として、下記に挙げてみたい(あくまでも一例であり、特定の名跡を示すものではない)。

表面見本

 
年寄名跡證書
一、(年寄名)
右名跡は財団法人日本相撲協會年寄
名跡にして其の取得者たるを證する爲
め本證書を交付す依て左記要項を
遵守すべきものとす
  一、 年寄名跡は理事會の銓衡を経て
     襲名継承せしむるものとす
  二、 名跡を襲名継承したる者は直ちに
     裏面の記入と證印を受けるものとす
  三、 年寄名跡は相續贈與譲渡擔保の
     目的と爲すことを得ず
  四、 本證書は年寄名跡台帳に襲名
     継承を登録し取得者これを保持す
     るものとする
    昭和×年×月×日
    財団法人日本相撲協會
 

注:本文は縦書き。「財団法人」は財団と法人で改行されている。実際には賞状のような枠が書いてあり、上部中央に相撲協会の紋章が記載されている。

裏面見本

登  録
年月日
継承者記名調印 理事長
證  印
登  録
年月日
取得者記名調印 理事長
證  印
昭和×年
×月
×日
襲名者の本名 昭和×年
×月
×日
取得者の本名
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           

注:本文は縦書き。12名分の枠がある。「継承者」が現在または先代(空いている場合)の襲名者、「取得者」が所有者。従って、襲名前に手放した場合や複数取得して襲名しなかった場合など、未襲名者が記載されている場合がある。また、引退時は取得者が別にいて、後日取得している場合がある。

制作・著作:紅葉橋律乃介(momijibasi@yahoo.co.jp) 「年寄」入口へ 銀河大角力協会へ行く

平成二十五年十二月二十日開設

inserted by FC2 system