年寄名跡異動の記録

 本表は、現在の日本相撲協会発足後の最初の本場所が行なわれる直前である、昭和2年1月場所現在在籍した年寄以降、新たに引退・襲名や名跡変更、廃業や退職・死去による名跡離脱をほぼ網羅するものである。

名跡異動表01(昭和2(1927)〜昭和25(1950)年)
名跡異動表02(昭和26(1951)〜昭和50(1975)年)
名跡異動表03(昭和51(1976)〜平成12(2000)年)
名跡異動表04(平成13(2001)以降)
 
未襲名名跡(空き名跡)一覧表
上記の凡例
 
退職年寄一覧表
在籍年寄一覧表
 
名跡の読み方や増減などの変遷表
「年寄名跡證書」の内容について
 日付欄は異動年月日。ただし、死去以外で月日が告示されるようになったのは昭和42年頃からで、それ以前は月日まで判明している例は少ない。
 日付表記の例は下記のとおり。
・「H25/01/25」 「平成25年1月25日」付の異動を示す。
・「H25/01/」 「平成25年1月」の異動を示し、何日かは不明。
・「H25/01限」 「平成25年1月場所の番附限り」離脱を示す。異動は場所後から次場所番附作成前だが、並び順は場所の千秋楽(この場合は1月27日)の異動とみなした。
・「H25/01」 「平成25年1月場所の番附年寄欄」での異動を示す。
・「H24/11後」 「平成24年11月場所後」、つまり千秋楽翌日から25年1月場所番附作成までの異動を示す。上記「H25/01」と番附記載のタイミングは同じであるが、参考資料の記載を尊重した。従って「H24/11後」と「H25/01」は並べて配置している。
・「H25/01前」 「平成25年1月場所初日より前」の異動を示す。番附には現役(または前年寄名)で記載されているが、初日現在では引退後(または名跡変更後)という場合である。引退後の場合は休場数にカウントしない。

 年寄名が   の場合は現在在籍している年寄名、   の場合は停年退職後に再雇用されている年寄である。
 襲名力士名は、最高段で最終場所のシコ名(幕内力士なら幕内最終場所のもの)。
 現役中に年寄名をシコ名にした場合は、最高段で前名があれば[ ]書きで襲名力士名とし、昇進時から年寄名だった場合は、年寄名を襲名力士名とした。
 年寄名や下の名前の表記は最終場所のもの。年寄名の小文字は準年寄。
 地位は最高位(二枚鑑札者=年寄を兼ねている現役力士=は最終地位)。斜体は大阪相撲での地位。シコ名や行司名には分かる範囲で代数を併記するが、必ずしもすべてに付したわけではない。立行司以外の行司はは「○○格」までを表記。伊之助襲名時以降の前名を記載した(伊之助→庄之助昇格の場合は伊之助と伊之助の前名を併記、庄之助→年寄襲名も同様、年寄退職時は庄之助と伊之助と伊之助の前名を併記)。

 各表の参考資料は次のとおり。
 『1996年 大相撲力士カラー名鑑』「昭和以降 全年寄襲名者一覧」より、昭和以降の異動情報の年月日など
 『激動の昭和スポーツ史』相撲 上・下各巻より、昭和以降の異動情報など
 『近世日本相撲史』第一巻〜第五巻より、番附
 『戦後新入幕力士物語』第一巻〜第五巻
 相撲協会発行の番附表各場所
 雑誌『相撲』ピンナップの番附表 連載「年寄名跡の代々」、「すもう問答」、「大阪相撲入門」。「角界ニュース」より、諸情報
 雑誌『別冊グラフNHK(改メNHKウイークリーステラ) 大相撲特集』より引退・廃業などの情報。現在は日本相撲協会の報道発表による。

制作・著作:紅葉橋律乃介(momijibasi@yahoo.co.jp) 銀河大角力協会入口へ戻る
inserted by FC2 system