相撲部屋変遷表 入口

 本表は、日本相撲協会に存在した数多の“相撲部屋”を一覧にしたものである。
 ひと口に相撲部屋と言っても、昭和30年代までは行司のみ、または年寄のみが所属する部屋もあったが、本表では力士が所属する部屋に限定した。

 部屋(名跡)の名前は、師匠(部屋の当主)の最終表記を使用し(「出羽ノ海」と「出羽海」のように)、師匠の現役名は、優勝を決める各段(幕内・十両・幕下……)最終場所を基準にしている。ただし、二枚鑑札(現役のまま年寄も兼務すること)で名跡をシコ名として名乗っている場合があり、この場合は前名を“シコ名”とした。

場所別改廃表
 異動があった各本場所ごとに、「設立」「相続・改称」「消滅」と、当時の部屋数を記載
一門別相撲部屋系統表
 昭和22年11月時点以降の、相撲部屋の改廃を一門系統別に記載
相撲部屋創設権調べ
 現行の部屋が独立基準に達してるかどうか、部屋付き親方は独立可能かどうかを記載

参考資料
「近世日本相撲史」「戦後新入幕力士物語」「1996大相撲カラー名鑑」 (何れもベースボールマガジン社)
「'90大相撲力士写真名鑑」 (日刊スポーツ出版社)
「昭和の大相撲」 (TBSブリタニカ)

制作・著作:紅葉橋律乃介 銀河大角力協会へ行く

平成十八年十一月十三日「創設権調べ」の入口新設
平成十六年九月二五日移転
平成十五年十一月二六日開設

inserted by FC2 system