序ノ口全敗等の一覧表

序ノ口全敗等の一覧表[PDF]

 ここでは、昭和5年以降の序ノ口全敗力士を掲載する。
 1場所の取組数は時代によって異なり、当初11日制下での幕下以下は6番、13日制で7番、15日制で8番となった。その後戦争激化により関取衆とは別の場所で5番となり、終戦後復興に伴って15日制・8番に戻った(一時期幕下以下も全日出場の場所あり)。その後、取組数が偶数だと五分が多く番附編成に支障をきたすため、昭和35年7月以降は7番取りとなった。

 各場所の序ノ口で全敗した力士を収録したが、例外として昭和49年5月の大村(1勝7敗)も掲載した。1勝しているので「全敗」ではないが、出場人数の都合で取った“八番相撲”での白星のため、7連敗しているのには違いないからである。
 また、昭和59年9月の佐野は8連敗しているが、幕下以下が7番取りになって以降、“八番相撲”でも敗れて8戦全敗となった唯一の例である。まぎれもない全敗であるため、もちろん掲載している。

 各場所の全敗力士に対し、前後の場所を含む3場所分の星取を掲載。取組がない日は「や」とした一方で、本割形式の番附外取組や、中学生力士の出場といったそもそも割りが組まれない日については「−」とした。

 表示しこ名と所属部屋はその場所のもの。前後の改名は右端の「(前名)改名 ※備考 」欄に示した。カッコ内はこの表初登場より前のしこ名、カッコがないものは登場後のしこ名。別の名前で登場している場合は「のち〜」「もと〜」と表記した。複数回登場している力士の後の改名は、一番最後の場所に記載している。

 手許の名鑑等で初土俵や本名を確認しているが、調べきれていないため、初土俵がはっきり分からない場合は星取表初登場(「口」は序ノ口、「外」は番附外)を示し、引退・廃業力士一覧に見当たらない場合は最後に星取表に載っている場所に「口」「二」(序二段)などと表記した。

 連敗数の表示は、前場所の欄は“前場所までの連敗数”、合計欄は「前場所まで+当場所+次場所」となり、必ずしも最終連敗数ではない。
 2場所以上全敗が続く場合は前後の場所が重複しているため、グレーで示した。

しこ名 連敗 期間 備考
服部桜 89 H28.5[4]〜H30.7[1] H29は年間全敗。
佐世保山 33 S25.5〜S26.5[2] 番附外4連敗含む(序ノ口のみでは29連敗)、15番
森川 32 H15.7[2]〜H16.3[5]  
平松 31 S50.7[6]〜S51.5[1]  
高岸 31 S53.5[1]〜S54.1[3]  
佐野 28 S59.5[5]〜S60.1[3] S59.5は4番相撲休場でリセット(3連敗)、S59.9は8連敗
杉下 27 H18.9[2]〜H19.3[7]  
山口山 25 S63.5[4]〜S63.11[7]  
立村本 21 H4.11[1]〜H5.3[7]  
前川 21 H16.11[1]〜H17.3[7]  
制作・著作:紅葉橋律乃介(momijibasi@yahoo.co.jp) その他入口へ 銀河大角力協会へ行く
inserted by FC2 system